脱毛効果の無い脱毛ってご存知!?脱毛効果は脱毛機やサロンスタッフで変わります。脱毛を成功する為の脱毛サロン選びのヒントが満載。

  1. 脱毛の基本
  2. 487 view

脱毛で考えられる副作用とは?脱毛って本当に肌トラブルはないの?

トラブル

脱毛サロンで脱毛をしたいけれど、肌に悪い影響はないの?と心配している人。または、もともと肌が弱いから光の副作用が怖いという人。
さまざまな理由で、脱毛したくても諦めている人がたくさんいますよね。

エステの脱毛で肌トラブルが起こってしまったというニュースがあったり、脱毛に関する違法行為が問題になったりと、これから脱毛を始めようという人にとって大きな壁になる情報も少なくありません。

そこで、この記事では脱毛サロンで受けられる光脱毛がそもそもどのようなものなのかを解説するとともに、光による副作用やトラブルのリスクを検証していきたいと思います。

副作用や肌トラブルが心配で、脱毛を始められない人必見!


安全な方法で、最後まで安心して続けられる脱毛方法を探してみましょう。

光脱毛の光ってどんなもの?

光脱毛

そもそも、光脱毛の光って何なのでしょうか?ライトを浴びて、毛が抜けるのはなぜ?まずは、光脱毛の基礎知識をわかりやすく解説します。

脱毛の仕組み

一般的に、脱毛というのは特殊なライトを当てて発毛を抑える(抑毛)・毛の量を減らす(減毛)ことをいいます。

IPL脱毛は毛根にダメージを与え、SHR脱毛は毛根を含む毛包全体にダメージを与えます。毛乳頭や発毛組織全体が弱ってしまうため、それまで普通に生えていた毛が生えなくなったり、色素のない細い毛しか生えてこなかったりという変化が起こります。

毛抜きやワックスで毛を抜くことや、皮膚表面に生えている毛を処理することは、脱毛とはいいません。

光の正体

もともと肌トラブルの改善などに使われていた光が、発毛を抑制する役割があると判明し、脱毛目的で普及したのが光脱毛の始まりです。
キセノンフラッシュランプというのが光の正体で、毛細胞を破壊するのではなく、細胞の死滅を誘導する働きを持っています。毛根を直接破壊するレーザーに比べ、広範囲に光が広がるところが特徴です。

紫外線などは含まれていないため、照射による日焼けはありません。

そもそも細胞の死滅は自然と体内で起こっている現象で、光脱毛の光はそれを誘導する役目を担っているに過ぎないため、人体的に悪い影響は少ないと考えられています。

光の種類

光脱毛にもIPL脱毛・SHR脱毛・S.S.C.脱毛・THR脱毛とさまざまな方式がありますが、ライトを照射する方法やターゲットとなる部分が異なるだけで、もともとは同じキセノンフラッシュランプです。

脱毛機によって、ライトの波長や温度が違ってきます。一般的に、IPL脱毛機の照射時の温度は70~80℃、SHR脱毛機は40~50℃くらいといわれています。

光はどこまで到達しているか

脱毛機から発する光は、毛根まで届きます。
眉のお手入れなどで毛抜きを使う時に、抜けた毛を見てみると皮膚に埋まっている部分は1cmもないということがわかると思います。

皮膚の断層は、表皮⇒真皮⇒皮下脂肪という順番で深くなっていきますが、毛根があるのは、この皮下脂肪あたり。ごくごく浅い部分なんですね。毛を抜いても出血しないのは、そのためです。
脱毛機の光はこの毛根の辺りまで届くようになっていて、それ以上深くまでは到達できません。当然、内臓に与える影響などもありません。

脱毛で考えられる副作用やトラブル

肌トラブル

人体に悪い影響はないと思われる脱毛機の光ですが、では、脱毛による肌トラブルが起こるのはなぜでしょうか?答えは、光を照射する際の熱の温度にあります。ここで、脱毛の肌トラブルリスクを見ていきましょう。

火傷や炎症

もっとも心配なのが、肌の火傷や炎症ですよね。IPL脱毛の場合は特に、一瞬とはいえ70~80℃の熱を浴びるわけですから、火傷のリスクがないとはいえないのです。

それを防ぐ手段として、脱毛機に「冷却機能」がついていたり、施術時に冷却ジェルを肌に塗ってくれる脱毛サロンがあります。
日焼けをしていると施術ができない・VIOの黒ずみ部分には照射ができないというのは、メラニンが必要以上に熱を吸収してしまうため。こういった部分でも、火傷のリスクを抑えているんですね。

赤みや照射跡

火傷ほどひどいことにはならなくても、施術後しばらく赤みが残ってしまうケースもあります。これは、熱を吸収した肌が反応している状態なので、きちんと冷やせば改善されるでしょう。

照射跡も同じように、時間とともに解消されますが、もしこれが顔だったらと考えると心配ですよね。
少し熱めのお風呂でもすぐに赤くなってしまうという人や、もともと肌が弱いという人は、施術前に必ずサロンスタッフに相談しましょう。

肌の乾燥

はっきりと目に見えなくても、意外と起こりやすいのが肌の乾燥です。高い温度の熱を肌に当てているので、水分が奪われてしまうんですね。
照射と同時の冷却によって熱さを感じることがなくても、肌の内部に熱がこもり、インナードライの症状が起こることも考えられます。

脱毛サロンでは、乾燥や肌トラブルを防いでうるおいを補給するため、保湿ジェルによるケアを行っているところもありますが、施術とセットで提供しているお店と有料オプションにしているお店とがあります。
乾燥が心配な人は、この辺りも事前に確認しておきたいですね。

妊婦や子供が脱毛NGなのはなぜ?

NG

妊娠した場合はどうなの?

脱毛サロンでは、カウンセリングを申し込む時点で、妊娠の有無を確認されます。各サロンの公式ホームページでも、施術を受けられないケースとして「妊娠」という項目が必ず入っていますよね。

このことから、脱毛機の光が胎児に影響を及ぼすからでは?と誤解されがちですが、実はそうではありません。前述したように、光は皮下脂肪の辺りまでしか届かないので、さらに脂肪と子宮で守られた胎児には、何の影響も副作用もないのです。

ではなぜ妊娠中の脱毛がNGかというと、施術時の体勢や肌質の変化に考慮しているからです。

全身脱毛の場合は、照射部位によって体勢を変えなければなりません。うつぶせの姿勢になることも多いので、妊婦さんには負担が大きいのです。

さらに、妊娠中の女性ホルモンバランスの変化により、肌や体質そのものがデリケートになる人も。脱毛機の光は肌の乾燥を引き起こしますし、保湿ジェルやアロマの香りで体調不良になってしまうこともあります。
また、一部の脱毛サロンをのぞき、ほとんどのサロンが施術を受けられるのは18歳以上というルールを設けています。

子供ってどうなの?

これは、照射による痛みや、子どものデリケートな肌への影響を考えてのこと。特に女子は、生理を迎えてから肌質が変化することもありますから、トラブルリスクを防ぐため、18歳以下の施術を断っていると考えられます。
もっとも、肌への負担や痛みのない脱毛機を導入している脱毛サロンでは、小学生から施術OKとしているところもあります。

心配な人はSHR脱毛がおすすめ

SHR脱毛 オススメ

脱毛機の光そのものに害がないことはわかったものの、熱による肌トラブルのリスクがあるのでは、やっぱり心配で脱毛を受ける勇気がない……という人におすすめなのが、SHR脱毛です。

SHR脱毛を導入しているサロンを見る

低温処理で肌に優しい

SHR脱毛も、IPLと同じキセノンランプを使用していますが、照射時の温度が40~50℃と低温です。40℃ならば、普段から入浴しているくらいの温度なので想像しやすいですよね。

SHR脱毛サロンの口コミを見てみると、「痛みはなく温かい」という意見がほとんどです。中には、「気持ちが良くてウトウト寝てしまう」という人も……。

低い熱を広範囲に蓄積させる仕組みであるため、一瞬の痛みもほぼ感じません。当然、火傷や赤みが残るリスクも限りなく抑えられています。

施術後の乾燥が少ない

SHR脱毛は、肌の水分を奪うほどの熱を持っていません。毛包に蓄えていく熱も低温なので、肌内部に熱がこもることもありません。
そのため、照射後に肌が乾燥する心配もなく、空気が乾燥しやすい真冬でも安心して施術を受けることができます。

ムダ毛がスッキリなくなっても、肌がガサガサでは魅力半減。脱毛と同時に肌のうるおいもキープできるのが、SHR脱毛なのです。

また、現在脱毛業界内で最高水準といわれるSHR脱毛機【ルミクスA9】は、IPLフォトフェイシャルの約5倍のパワーを持つBBLフォト機能を搭載しています。脱毛と美肌、両方叶えたい人におすすめのマシンです。

日焼けやアトピー肌もOK

SHR脱毛は、メラニンに反応して熱を与える仕組みではないため、日焼け後の肌に施術をすることも可能です。

同様に、色素沈着部位やホクロ、シミ、乳輪への照射も大丈夫。肌質を問わずに脱毛ができます。IPL脱毛では断られることの多い、Iラインの粘膜部分やヒップ奥にも、しっかり光を当ててもらえるので、デリケートゾーンの脱毛を考えている人は、SHR脱毛一択がおすすめです。

また、極度の敏感肌やアトピー肌の場合、脱毛サロン側から契約を断られてしまうこともありますが、SHR脱毛サロンならたいていOKです。肌が理由でこれまで脱毛を諦めていた人でも、一度カウンセリングに行ってみる価値はあるのではないでしょうか?

まとめ

脱毛につきものと考えられがちな肌トラブルですが、脱毛機の光そのものには、身体への副作用がないということがわかりました。

肌トラブルの大きな原因は、光ではなくて熱です。高温処理のIPL脱毛は特に注意が必要です。脱毛機の中には、機械自体が熱を持ってヘッド(光の照射部分)が熱を持ち、痛みや熱さを感じやすくなってしまう機種もあるので注意してくださいね。

脱毛サロンの「痛みがない」「熱くない」といった宣伝文句にはまどわされず、冷却の温度や機械のパワーをしっかり調べて、これなら大丈夫!と思えるマシンを導入しているサロンを選びましょう。

口コミから探せる脱毛ランキング

脱毛の基本の最近記事

  1. 脱毛サロンのクーリングオフとは?1円も損しないで解約する方法

  2. 【2020年最新】イマドキのメンズ脱毛事情!524人のアンケート調査結果を大公開|後編

  3. 【2020年最新】イマドキのメンズ脱毛事情!524人のアンケート調査結果を大公開|前編

  4. 人気の脱毛サロンに不満爆発!?現役女子の脱毛意識調査・第3弾

  5. 脱毛サロンの選び方で参考にしているのは?現役女子の脱毛意識調査・第2弾

関連記事

PAGE TOP