脱毛効果の無い脱毛ってご存知!?脱毛効果は脱毛機やサロンスタッフで変わります。脱毛を成功する為の脱毛サロン選びのヒントが満載。

  1. 脱毛サロン
  2. 6 view

脱毛サロンで考えられるトラブル6つ!対処法と事前の注意点を解説

6つのトラブル

脱毛サロンに行ってみたいけど、

  • 口コミを見るといろいろなトラブルがあって心配
  • 脱毛サロンのトラブル解決法や、トラブルにあわない方法を知りたい!

と、思っていませんか?美容室とは違い、脱毛サロンやエステサロンは、何かとトラブルが多いような印象を持ってしまいます。

チェック青強引な勧誘がある
チェック青予約が取れない
チェック青肌が荒れてしまう

その上、脱毛サロンでは100%の効果を保証しているわけではありませんから、高いお金を出して契約したのに、期待していたような効果が得られなかったというトラブルも。

いろいろ考えていると、脱毛サロンに行ってはみたいけどトラブルが心配になってきてしまいますよね。そこでこの記事では、脱毛サロンにおけるさまざまなトラブルの対処法を6つに分けてまとめてみました。さらに、

チェックトラブルを事前に避ける方法
チェックトラブルリスクの低い脱毛サロンの特徴

なども。トラブルなし、ストレスなしの脱毛を始めてみませんか?

脱毛サロンのカウンセリングでの勧誘トラブル

勧誘

多くの人が不安に感じているのが、勧誘トラブル。今日は契約できないと告げても、あの手この手で迫ってくる脱毛サロンには、契約できない理由をはっきり伝えましょう。

勧誘トラブルの解決法

断る

脱毛サロン側がどれだけ「勧誘行為はありません」と明言していても、プランの案内や熱心なおすすめは少なからずあります。受け手のあなたが「なんか勧誘されているな」と感じたら、話が長くならないようにきっぱりを断ることが大事。

なぜ契約できないのかを、簡潔に伝えましょう。

チェック〇時に予定があるので帰らなければいけない
チェック自分の一存では決められない、決定権がない
チェック即決する気はないので印鑑も通帳も持ってこなかった

あまりにもしつこく話をされて、もう面倒になってしまったら、一旦契約をしてその日のうちにクーリングオフをするという最終手段も。

番号契約期間1ヶ月以上
番号契約金額5万円以上
番号契約日から8日以内

であればハガキ1枚で契約を白紙に戻すことができます。脱毛サロンの契約書に、クーリングオフについての記載があるかどうか必ず確認してください。

脱毛サロンのクーリングオフとは?1円も損しないで解約する方法

勧誘トラブルリスクが高い脱毛サロン

リスク

勧誘された時の対処法があるとはいえ、そもそも勧誘などない方が良いですよね。以下の脱毛サロンは、カウンセリングで勧誘行為がある可能性が高いので、注意してください。

チェック当日契約割引がある脱毛サロン…この場で契約しなければ安くならないといわれる
チェック安いお試しコースがある脱毛サロン…体験後に正規コースに案内される
チェックフランチャイズ経営の脱毛サロン…売り上げ重視の傾向がある

このような脱毛サロンには充分注意して、もし勧誘されたらはっきりと断りましょう!

チェック青どうしようかな…
チェック青興味はあるんですが…

といった曖昧な態度をとっていると、どんどん押されてしまいますよ。

脱毛サロンの勧誘を断るテクニック7選!勧誘が少ない脱毛サロンの特徴も紹介

編集部
スタッフ

よく、勧誘があるかどうか口コミを調べると良いといった説もありますが、案内を勧誘と感じるかどうかは人それぞれなので、あまりアテになりません。自由に投稿できる口コミサイトの場合、同業者同士でライバル店に悪い口コミを書くケースもあります。

脱毛サロンの予約トラブル

予約

脱毛サロンの予約に関するトラブルも、よく耳にしますよね。契約後に予約トラブルに巻き込まれるのは、大変面倒です。

予約が取れないトラブルの解決方法は…ない!?

予約がとれない

例えば、

チェック青希望の日時になかなか予約が取れない
チェック青いつも予約が埋まっている

といった場合、解決のしようがありません。自分のスケジュールを調整して、行ける日に予約を取るしかないのです。施術後に次回予約を取るのが一番簡単な方法ですが、

チェックすぐに予定が決められない
チェック店頭予約を受け付けていない

などの場合は、できるだけ早く電話やWebで予約を入れておきましょう。間が空けば空くほど、予約はどんどん埋まってしまいます。

Webだと予約が取りやすいというのは、半分間違っています確かに24時間いつでも予約ができる便利さはありますが、翌月の予約ページが解放された途端に

チェック青クセスが集中してダウンしてしまう
チェック青秒速で予約が埋まる

などでストレスを感じるというデメリットもあります。

「予約が取りやすい」は信用しないこと

バツ

脱毛サロンの公式HPやカウンセリングで「予約が取りやすい」というのは当然です。どの脱毛サロンも必ず言うことなので、そのまま信じ込むのは危険ですよ。「独自の予約システム」というのも、実際にどんなものなのかわかりません

脱毛サロンの「予約が取りやすい」は信用せず、きちんと自分で判断することが大事です。

番号脱毛機の施術速度が速い(連射機など)…◎
番号ベッド、脱毛機、スタッフの人数が多い…〇
部分脱毛がメインの脱毛サロン…△
番号脱毛機の施術速度が遅い(単発機)…×
番号ジェルの塗布や拭き取りがある…×

このような基準で判断すると良いですよ。

予約キャンセルに関するトラブル解決法

キャンセル

予約をキャンセルした際の

チェック青キャンセル料
チェック青1回分の施術が消化されてしまう

というトラブルもあります。予約キャンセルのルールは、脱毛サロン毎で違うので必ず確認しておきましょう。来店日の3日前から前日までに連絡をするといったケースがほとんどですが、念のため口頭で確かめておくことが大事です。

番号キャンセルの電話がつながらなかった場合
番号どうしてもサロン営業中に電話ができない場合
メールで連絡した際に返信があるかどうか
番号生理と重なった時はVIO以外の施術をしてもらえるか、キャンセルしなければならないか

このように、実際に聞いてみなければわからないことはたくさんあります。ルール通りにしたはずなのにペナルティを取られた!ということにならないよう、気をつけてくださいね。

当日施術をしてもらえないトラブル

トラブル

せっかく予約を入れたのに、施術ができないといわれて帰されてしまった…というトラブル。まさかそんなことないでしょう?と思うかもしれませんが、まれにあるんです!

日焼けで施術をしてもらえないトラブル

日焼け

脱毛サロンの多くは、黒く目立つ毛を減らすIPL脱毛を採用しています。これは、毛の中のメラニン色素が光を吸収する仕組みで、同時に皮膚に含まれるメラニン色素も光に反応してしまうのです。

メラニンが濃いパーツは光を吸収しやすく、火傷の恐れがあるので日焼け肌には照射してもらえないケースが多いです。

契約時の注意事項として、施術日の前後1ヶ月ほどは日焼けをしないことなどを伝えられると思いますが、来店予約日にかかわらず脱毛期間中は日焼け対策を行うのがベターです。

脱毛中の日焼けがダメな理由を解説|日焼けOKの脱毛サロンも紹介!

肌荒れで施術をしてもらえないトラブル

スキンケア

脱毛サロンに行って、施術前の肌状態チェックに引っかかってしまった場合。特に多いのは、肌の乾燥です。脱毛サロンの中には、毎回の施術前に必ず肌の水分量チェックを行い、数値が低いと問答無用で施術NG!という厳しいお店もあります。

脱毛は、体温以上の熱を肌に当てる行為なので、どうしても肌が乾燥しやすくなります。サロン通いを始めたら、それまで以上に保湿に気を遣い、脱毛パーツの肌は特に念入りにお手入れをしてください。

来店日当日だけではなく、普段から習慣にしておくことが大事です!

剃り残しで施術をしてもらえないトラブル

ムダ毛

脱毛パーツのムダ毛は、施術前日に自宅でシェービングしておくのが基本です。その上で、脱毛サロンによって無料でシェービングサービスをしてくれます。対象パーツはサロンごとに違いますが、

チェック背中
チェックえりあし
チェックヒップ
チェックOライン

などが多いですね。それ以外のパーツは、多少の剃り残しならさっと処理してくれる脱毛サロンもあれば、剃り残しを避けて施術する脱毛サロンもあります。こちらの対応は、さまざまです。

剃り残しがあるために施術をしてもらえないというトラブルを避けるためには、できるだけ丁寧に完璧に自己処理をしていく以外にありません!

編集部
スタッフ

シェービングの仕方がわからないという人は、サロンスタッフに相談してみると良いかもしれませんね。

脱毛施術後の肌トラブル

肌トラブル

脱毛による肌トラブルは、深刻な事態に発展する可能性もあるので、充分な注意が必要です。

脱毛サロンの肌トラブルに多いのは皮膚障害と熱傷

肌トラブル

独立行政法人国民生活センターによる2017年の発表資料によると、脱毛後の肌トラブルで多いのは、皮膚障害と熱傷です。皮膚障害とは、主に以下の症状です。

チェック青痛み
チェック青腫れ
チェック青炎症
チェック青発疹

施術時に少し痛みを感じるくらいならまだしも、肌に跡が残ったり症状が治まらなかったりすると、日常生活にも影響が出てしまいますよね。

また、脱毛サロンで肌トラブルが起きてしまった人のうち、半数以上が後日皮膚科を受診しており、いずれも軽い症状ではなかったということが想像できます。

(参考:独立行政法人国民生活センター

脱毛サロンの肌トラブルの原因

驚く

肌トラブルの原因として考えられることの1つに、脱毛機の光の温度があります。光脱毛は、ムダ毛に脱毛機の光を当て、毛を介して発毛組織にダメージを与えます。その光の温度が、多くの脱毛サロンで70~80℃と高温なのです。

試しに70℃のお湯に触ってみることを想像すると、とても無理ですよね。脱毛サロンでは、そんな温度の光を一瞬でも肌に当てているのです。肌トラブルが起こることも、むしろ納得できるというものではないでしょうか。

編集部
スタッフ

もっとも、脱毛サロンが導入している脱毛機にもさまざまな種類があり、肌トラブルリスクが低いタイプのものもあります

脱毛機による肌トラブルリスクの違い

リスク

脱毛機には、体温と同程度の温度を持つ機種から高温の機種までさまざまあります。

番号ハイパースキン脱毛機…処理温度38℃
番号SHR脱毛機…処理温度40~50℃
IPL脱毛機…処理温度70~80℃

光の温度が低い脱毛機は痛みや刺激を感じづらいですし、皮膚の水分量を奪ってしまうこともありません。火傷の心配はもちろんのこと、肌が乾燥するリスクも抑えることができます。

脱毛後の肌トラブルは、治療して治るのを待つしかありません。解決策としては、肌トラブルリスクの少ない脱毛機を選ぶことのみです。

脱毛サロンの肌荒れトラブルを検証!肌荒れの原因と対処法そして安全な脱毛機とは

脱毛効果に関するトラブル

脱毛足

高いお金を払って契約して、何年間も頑張って通ったのに、期待していた通りの効果が得られなかった…。こういうトラブルは、一番避けたいですよね。

脱毛効果は保証されていない

ばつ

残念ながら、脱毛サロンでは脱毛効果について保証はしていません。医療機関で受けられるレーザー脱毛でさえもです。脱毛サロンの公式HPには「毛質や体質による個人差がある」と必ず書かれていますし、契約前にも同様の案内があるはずです。

そして、これも残念なことに脱毛というのは基本的に「やってみなければわからない」という性質のものなんですよね。施術を何回か受けて「あれ?」と思い始めたり、契約回数をすべて消化して初めて、効果がなかったことに気付いたり。

だからといって脱毛サロンに責任があるわけではないというのが、脱毛サービスの特徴です。

少なめの回数から始める

ポイント

脱毛サロンの回数パックプランは、ほとんどのお店で5~6回から設定されています。脱毛効果のトラブルが心配な人は、少ない回数のプランでスタートしましょう。

5回ほど施術を受けてみて、順調にムダ毛が減ってきていると実感してから、さらに追加のプランを申し込むこともできます。

また、回数が少ないプランの方が、脱毛完了後に思ったような効果を得られていなくても、解約をするにいたったとしても、金銭的な被害が少なくて済みます

永久保証付きプランに注意

注意

脱毛サロンには、

チェック永久保証付きプラン
チェック通い放題プラン

などを提供しているところが多いです。ずっと通い放題ならいつかは効果が得られるのでは?と思ってしまいがちですが、実はそうとも限らないので注意が必要。

脱毛サロンの脱毛機は、毛質・肌質によって脱毛できないパーツがあり、何回施術を受けても脱毛できないものはできません。また、脱毛サロンによってはそれ以上の売り上げを見込めない通い放題の予約を積極的に受け入れてくれないところもあります。

編集部
スタッフ

どの脱毛サロンも、通い放題プランが一番高額なので気をつけてくださいね。

脱毛サロンの解約トラブル

トラブル

脱毛サロンを途中で解約せざるをえないこともあります。そんな時にトラブルに発展しないよう、解約ルールに関しては事前にきちんと把握しておくことが大事です。

トラブルにならない解約の伝え方

断る

解約したいけど引き留められたらどうしよう?と思っている人も多いですよね。どうしても解約したい時は、解約以外に道がないことをきちんと伝えましょう

チェック系列店がない場所に引っ越す
チェック仕事の都合(スケジュール調整が難しくなったなど)
チェック妊娠した

脱毛サロンの中には、休会手続きを進めてくるところもあるかもしれませんが、再会できるかわからないので解約するとはっきり伝えてください。逆に、以下のような理由では引き留められる可能性が高いです。

チェック青脱毛効果が感じられない→最後まで通わなければわからない
チェック青脱毛効果に満足した→最後まで通わなければムダ毛が復活するかもしれない
チェック青スタッフの対応に不満がある→改善する、担当を変える

お互いイヤな思いをせずに解約したいなら、どうしてもやめなければならない事情を伝え「お世話になりました」と笑顔で終わりたいですね。

こんな脱毛サロンは解約するべき!?脱毛サロンを解約する時の方法

返金対応はサロンによって異なる

契約

脱毛サロンを中途解約した場合、残りの施術分を返してもらえるかどうかは、脱毛サロンによって異なります。解約金や違約金が発生するケースもあるので、契約時に必ず確認してください。契約書に詳細が書かれていない場合、

番号口頭で確認する
番号その場でメモを取る

などをおすすめします。メモには

チェック日付
チェック店舗名
チェック担当者名

を書き、解約や返金に関することは漏れなく書き込みましょう。

編集部
スタッフ

事情があって脱毛サロンをやめなければならない(またはやめたい)のに、返金トラブルで最後までイヤな思いをするのは避けたいですよね!解約・返金だけではなく、お金に関することはきちんとメモを取って記録しておくと良いですよ。

トラブルリスクが低い脱毛サロンの特徴

リスク

脱毛サロンのトラブルについてまとめてみると、トラブルに気をつけなければならない脱毛サロンと、トラブルリスクが低く安心して通えそうな脱毛サロンの、それぞれの特徴が見えてきました。

トラブルがなさそうな脱毛サロンの特徴は、以下の7つです。

番号メーカー直営サロン
番号お試しプランがない脱毛サロン
施術時間が速く予約が取りやすい脱毛サロン
番号SHR脱毛サロン(肌トラブルのリスクが低い)
番号提携クリニックがある脱毛サロン
番号性能の良い脱毛機を導入している脱毛サロン
番号解約や返金のルールが契約書に詳しく載っている脱毛サロン

この他、脱毛サロンに関する細かい口コミや体験談なども参考になりますよ。

編集部
スタッフ

当サイトでは、さまざまな脱毛サロンのリアル体験談を掲載しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

まとめ

脱毛サロンやエステサロンでのトラブルはいろいろなケースが考えられますが、トラブルリスクの低い脱毛サロンを選び、トラブル解決法や事前の注意点さえわかっていれば、こわくありません。

脱毛は、最後まで気持ち良くサロンに通えるかどうかが大きなポイント!ノンストレスで、楽しく脱毛してキレイになりたいですよね。ぜひこの記事を参考にして、トラブルなしの脱毛ライフを送ってくださいね!

 

脱毛サロンの最近記事

  1. 脱毛サロンで考えられるトラブル6つ!対処法と事前の注意点を解説

  2. こんな脱毛サロンは解約するべき!?脱毛サロンを解約する時の方法

  3. 大手脱毛サロンと個人経営のエステサロン!通うならどちら?メリット・デメリット比較

  4. 敏感肌におすすめの脱毛サロン5選|肌が弱くても安全に脱毛できるサロンは?

  5. 剛毛さんにおすすめの脱毛サロン厳選5社!悩みを解決してくれるサロンは?

関連記事

PAGE TOP